« 王様の発言は絶対です | トップページ | V.I.フラジール製作-3 »

2012年4月 8日 (日)

すげぇ

あんまり息詰まって最後のシーン2回観ちった

いやぁ、今週のウォーキング・デッド シーズン2 #7 「死ノ定義」
最後のシーン、見入っちゃった。すげぇ。

ウォーカーを人と扱うハーシェルの心情も解るし、ウォーカーの脅威に晒されてきたシェーン達の心情も解る。妹がウォーカーになってしまって、仕方なく自らの手で終わらせたアンドリアの葛藤も、ウォーカーとなった家族は病人と言われ続けてて、町でウォーカーに襲われグレンに助けて貰い、グレンの真剣さで考えが変わったマギーの「いいのよ」。最後の最後、ここまで引っ張りに引っ張った件・・・・・ああああ。

最後、リックが・・・・

うはぁ、、、これはきっついわぁ・・・・(;´Д⊂)

ただのゾンビドラマかと思いきや、このドロドロとしたヒューマンドラマすげぇわ。
日本のドラマじゃこんなコト思うことあんまねーもんな。

シーズン2は#13までらしいけど、今#7だから@5話か。
無料放送中じゃ終わらなさそうだなーまだ向こうでも放映してないだろうから。
てか、これアメコミ原作なんだ。調べてみてちょっとビックリ。

|

« 王様の発言は絶対です | トップページ | V.I.フラジール製作-3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王様の発言は絶対です | トップページ | V.I.フラジール製作-3 »